「半割れで”避難”臨時情報」が発表された場合

いわゆる「半割れ」ケース

いわゆる「半割れ」ケース[引用元:内閣府「南海トラフ対応方針報告書」]

「臨時情報」の発表前後の「住民生活イメージ」

次に、平穏な日常生活をおくっているところに、(「真夜中に」「早朝に」「昼前後に」「夕刻に」「夜間に」と様々なケースがありうるのですけれども)、突然「いわゆる『半割れ』ケースで<1週間の避難>を呼びかけるレベルの臨時情報」のアナウンスがあって「(『マグニチュード8クラスの大地震』が起きたときに<大地の揺れと津波>によって)被災地化するかもしれない」と知らされる地域で生活している住民の方々の場合ですが、
より具体的には「マグニチュード8クラスの大地震によって『東海地方』で甚大な被害が発生した直後の『近畿地方プラス四国地方』で生活している住民の方々」か「マグニチュード8クラスの大地震によって『近畿地方プラス四国地方』で甚大な被害が発生した直後の『東海地方』で生活している住民の方々」の場合ということになるのでしょう。

この方々の場合には、東日本大震災のときの(岩手・宮城・福島の3県と比べて軽度の被災で済んだ)秋田県民と山形県民の方々の体験されたことが参考になりそうなので、それも加味して考えてみると、以下のような展開になるのが一般的なのではないか、とイメージ化することができます。

「物資供給の減少」「不安心理の拡大」で生活苦社会に変質か

(a)近隣地域で「マグニチュード8クラスの大地震」が発生すれば、(生活インフラも大きくき損した被災地域内で自治体・企業・住民の平常時の活動がマヒしてしまうのはもちろんですが)、その余波が甚大な被害と格闘している被災地域内企業からの物資供給の減少などのかたちで及んでくることによって被災地域外での日常生活にも大きな影響が出てきます。

と同時に、「近隣地域で発生した大地震と数度にわたる余震に由来する揺れ」を(被災地域内より軽度とはいえ)身体で感じ取りつつあるところに、
新聞・テレビとSNS経由で世界中を駆けめぐる「経済的な被害金額を加味すると(東海道メガロポリス内が被災地域化するのですから)『東日本大震災』を上回ることになりそうな大震災関連ニュース」が集中豪雨のようなかたちで降り注いで来ることで、
「自分が生活してきている地域はいつどのようなかたちでマグニチュード8クラス大地震の被災地化するか」と当然ほとんどの方の不安心理は拡大する方向に傾いてゆくことになります。

そのような中で誰かが深く考えずに発した何らかの情報が「火種」となって広がっていくことなどで「『第一次石油ショック』のときの関西地方発の『店頭から消えたトイレットペーパー騒動』」に類した「『パニック買い』に起因する水・食糧・ガソリンなどの『モノ不足』」が(生産の休止や物流ルートの損傷によって起きる)需給の不均衡をより悪化させ、ご自身の生活してきている地域を「発災前に多くの方々が想定していた『近隣地域が被災地化した後の日常生活』」を大幅に下回るレベルの生活苦をともなう社会に変質させてしまう可能性すらある、と言えそうです。

追い打ちになるかもしれない「公私両面での業務量の急増」

(b)また、平常時モードで動いていた社会に上のような不安定化要因が突然入り込んでくるだけでなく、
この地域での最優先事項は「人命を守るために『高齢者』『要介護者』『子供』の近所の高台にある施設などへの<1週間の避難>の実行」となる一方で、(海岸に近いところにあって津波被害を受ける危険性が高い「交通インフラの運休」や「学校の休校」や「病院の外来休診」などを別として)社会システムはいつも通りに維持されます。

ですので、「自治体の場合は『最優先事項の実行』と『様々な場面での減災方法の実践』と『(学校教育・病院運営も含めた)日常業務の遂行』」
企業の場合は『自治体が行う最優先事項実行の支援』と『(使用機器の高所・高台への退避も含めた)様々な減災方法の実践』と『(交通インフラの運営も含めた)日常業務の遂行』」
住民の場合は『自治体が行う最優先事項実行の支援』と『直面させられる可能性がある様々な場面での減災方法の実践』と『(平常時とは違った社会状況の中での)日常生活の遂行』」
といったかたちで手を抜くことができない「やらなければならないこと」が加わってきます。

(もちろん、東日本大震災のときの「がれきが除去されるまで車両で救援物資を届けてもらえなかったし、簡易上下水道施設が破損したので沢の水を飲んで生き延びた」という集落の一員になられた方々に類した、同じ瞬間に先行して被災された近隣地域内のきわめて過酷な境遇に身を置き「生活の質」の大幅な低下と闘っている方々との比較では大変恵まれているわけですけれども)、
「『地域社会の変質などに起因する心労』に加えて、『公私両面での業務量の急増』によって身体面でも悩まされる日々が突然スタートする可能性」を失念されない用心深さをあらかじめ保持されておられる方がより良いことは改めて指摘するまでもありません。