身をもって知った自主防災の大切さ

内閣府の「1都6県での首都直下地震被害想定」

もくじ

付記されていた「死者数」と「全壊・焼失建物棟数」

首都直下地震緊急対策区域の図

(2015年の)8月20日に投稿した「『内閣府の首都直下地震被害想定』と東京五輪返上論」でご紹介した
「内閣府内に事務局がある中央防災会議の『(2013年12月に公表された)首都直下地震の被害想定報告』」には、
「死者数」と「全壊・焼失建物棟数」についての1都8県別の被害想定が付記されていました。

 

 

1都6県庁は独自に地震被害想定を公表」へ

1都6県庁は独自に地震被害想定を公表

このうち、山梨県と静岡県については「死者数」と「全壊・焼失建物棟数」とが共に「わずか(=すぐ上の想定値は『約10』ですから四捨五入すると『0』)」とされていますので、
残る1都6県の被害想定について、各都県庁が独自に調査・公表している地震被害想定と突き合せながら、
茨城県での首都直下地震被害想定
栃木県での首都直下地震被害想定
群馬県での首都直下地震被害想定
埼玉県での首都直下地震被害想定
千葉県での首都直下地震被害想定
東京都での首都直下地震被害想定
神奈川県での首都直下地震被害想定
の順に、記述していきます。