千葉県での首都直下地震被害想定


Warning: Undefined array key 2 in /home/nanatsumori/kizuna1103.com/public_html/wp/wp-content/themes/yswallow_custom/functions.php on line 37
千葉県のイラスト地図

もくじ

内閣府による「都心南部直下地震」の被害想定

そして、「千葉県」での「内閣府による『都心南部直下地震』の被害想定」ですが、

(1)「死者数」については
冬の深夜に発生し、そのとき風速8m/sというやや強めの風が吹いていた場合(1-a-1)は「約800人~約900人」、
冬の深夜に発生し、そのとき平均風速である3m/sの風が吹いていた場合(1-a-2)は「約700人~約800人」、
夏の昼12時に発生し、そのとき風速8m/sというやや強めの風が吹いていた場合(1-b-1)と、夏の昼12時に発生し、そのとき平均風速である3m/sの風が吹いていた場合(1-b-2)は、共に「約300人」、
冬の夕方18時に発生し、そのとき風速8m/sというやや強めの風が吹いていた場合(1-c-1)は「約900人~約1,400人」、
冬の夕方18時に発生し、そのとき平均風速である3m/sの風が吹いていた場合(1-c-2)は「約600人~約900人」
としています。

(2)また、「全壊・焼失建物棟数」については
冬の深夜に発生し、そのとき風速8m/sというやや強めの風が吹いていた場合(2-a-1)は「約19,000棟」、
冬の深夜に発生し、そのとき平均風速である3m/sの風が吹いていた場合(2-a-2)は「約17,000棟」、
夏の昼12時に発生し、そのとき風速8m/sというやや強めの風が吹いていた場合(2-b-1)は「約18,000棟」、
夏の昼12時に発生し、そのとき平均風速である3m/sの風が吹いていた場合(2-b-2)は「約17,000棟」、
冬の夕方18時に発生し、そのとき風速8m/sというやや強めの風が吹いていた場合(2-c-1)は「約42,000棟」、
冬の夕方18時に発生し、そのとき平均風速である3m/sの風が吹いていた場合(2-c-2)は「約29,000棟」
としています。

これらを人口比で読むと「千葉県の推計人口(リンク先:千葉県『千葉県毎月常住人口調査月報』)」は2013年4月1日現在で6,184,553人ですので、
死者数は県民の4,418人~20,615人に一人、全壊・焼失建物棟数は147人~364人に一棟となり、
8月20日付の投稿記事「『内閣府の首都直下地震被害想定』と東京五輪返上論」に記したような「推計人口比で読むと東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県という1都3県の『都心南部直下地震』での最大死者数は1都3県民の約1,500人に一人、最大全壊・焼失建物棟数は約60人に一棟」という試算データと比較すると、
1都3県の平均値を6割~7割ほど下回る最大被害想定値になっています。

千葉県庁が想定する地震被害」へ

千葉県庁が想定する地震被害

なお、千葉県庁のホームページには「千葉県地震被害想定調査(平成19年度)」が載せられており、
「東京湾北部地震」「千葉県東方沖地震」「三浦半島断層群による地震」という3つの想定地震の中で最も大きな被害が想定される「マグニチュード7.3の『東京湾北部地震』」の最大被害想定値について、
二つの資料に次のように記しています。

「千葉県の地震被害想定調査結果について(平成20年4月)」への記載
(1)冬の朝5時に発生し、そのとき風速9m/sという強めの風が吹いていた場合は『死者数』が1,394人で『負傷者数』が48,004人(なので『死者・負傷者数』が49,398人)、
(2)冬の夕方18時に発生し、そのとき風速9m/sという強めの風が吹いていた場合は『全壊・焼失建物棟数』が68,692棟

「平成19年度千葉県地震被害想定調査報告書<13.その他の被害予測>」への記載
(3)冬の夕方18時に発生し、そのとき風速9m/sという強めの風が吹いていた場合の『避難者数』は、(『避難者は全員が避難所避難者化する』という想定なので)、ピーク時となる発生1日後の『避難所避難者数』が1,455,977人で『避難者総数』も1,455,977人、
(4)夏の昼12時に発生した場合は『帰宅困難者数』が1,087,816人

そこで、これらの最大被害想定値を上に掲げた推計人口比で読むと、
死者数は県民4,437人に一人、
負傷者数は県民129人に一人、
死者・負傷者数は県民125人に一人、
全壊・焼失建物棟数は県民90人に一棟、
ピーク時避難所避難者数は県民4人に一人、
ピーク時避難者総数も県民4人に一人、
帰宅困難者数は県民6人に一人
となります。

ということは、阪神・淡路大震災のときの兵庫県全体での死者・行方不明者は県民863人に一人、負傷者数は県民138人に一人、死者・負傷者数は県民119人に一人、(公共施設や商業施設や工場などを含めない)全壊・焼失住宅数は県民53人に一棟、ピーク時避難所避難者数は県民17人に一人でしたから、
千葉県での最大被害想定値は阪神・淡路大震災時を上回るものもあれば下回るものもあるということになります。

「内閣府による千葉県での『都心南部直下地震』の被害想定」は相対的に軽度であったとしても、
「千葉県庁は、東京都と内閣府が相次いで新しい被害想定値を公表する以前の段階から、このような厳しい被害想定の下で防災対策に取り組んでいる」という認識を県民の方々は改めて持たれた上で、自主防災領域での態勢を整えておかれる必要があるように思われます。