身をもって知った自主防災の大切さ

南海トラフ地震の想定死者数

死者数が349人~3,520人に一人

「人口比で読む東日本大震災被害」のページに記したように東日本大震災の際に「宮城県の死者・行方不明者数が県民200人に一人」であったために私の身の回りで起きた様々なことから類推し、
「人口比で読む阪神・淡路大震災被害」のページに記したように阪神・淡路大震災の際に「神戸市の死者・行方不明者数が333人に一人」で「兵庫県の死者・行方不明者数が863人に一人」であったことを思い返すと、
想定されている四つの地震のいずれかが起きて「死者数が349人~3,520人に一人」という数字の最大値に近い被害を受けた場合は、
自治体別のページで触れているように、重度の被災県に住んでおられる方が相当深刻な事態に直面させられるものと推測されます。

なお、40都府県中11県[全体の28%]では死者数の最大想定値が12人~814人に一人、
40都府県中5県[全体の13%]では死者数の最小想定値も162人~653人に一人
となっています。

また、40都府県総平均の最大想定死者数は349人に一人、で阪神・淡路大震災の際の「神戸市の死者・行方不明者数(333人に一人)」とほぼ同率になっています。

 

 

おすすめ記事 & Google+Pages