東京湾北部地震についての被害想定 | 首都直下地震

東京湾北部地震の震度分布図

東京湾北部地震の震度分布図[引用元:東京都「首都直下地震等による東京の被害想定―概要版―」]

もくじ


東京湾北部地震ページ群の構成

東京都が2012年4月18日に公表した「首都直下地震等による東京の被害想定(リンク先:東京都防災ホームページ『首都直下地震等による東京の被害想定』)」は、「首都直下地震としての『東京湾北部地震』と『多摩直下地震』、海溝型地震としての『元禄型関東地震』、活断層で発生する地震としての『立川断層帯地震』」という四つの地震を想定対象にしています。

その中で「東京湾北部地震での想定避難所避難者数・死者数・負傷者数・全壊焼失建物数などについての詳細分析」と「2度も『震度6弱地震』で被災した一仙台市民の実体験を踏まえた自主防災のお勧め」とを記した本ページ群は、
このページ内をスクロールした先に置かれた「ページ群コンテンツの要約」と、その下に置かれたナビゲーションボタンなどから各々のページにジャンプできる「東京湾北部地震での想定被害の概要」「東京湾北部地震での想定避難所避難者数」「東京湾北部地震での想定死者数」「東京湾北部地震での想定負傷者数」「東京湾北部地震での想定死者・負傷者数」「東京湾北部地震での想定全壊・焼失建物数」「東京湾北部地震での防災対策の基本」との、
8ページ構成になっています。

「『いつ、どのようなかたちで被災者になるか』が分からない中での自然災害への備えを自主的にどこまでやるべきか」については「正解はこれ」というものがないわけですけれども、
先行して巨大災害の被災地に身を置いた者の一人ですので「このページ群内に『気づきのヒント』を一つでも二つでも書き込むことができていると良いな」と強く思っています。

ページ群コンテンツの要約」へ

ページ群コンテンツの要約

想定対象は(島しょ部を含まない)23区と多摩地区の市町村だけなのですけれども、「東京湾北部地震」についての東京都の避難所避難者数想定は「最大避難時に6人に一人、で大震災のときの『神戸市の避難所避難者数(6人に一人)』と同率の避難度」としています。

また、東京都の被害想定は「『東京湾北部地震』では『死者数』が最大被害時に1,373人に一人、で大震災のときの『兵庫県の死者・行方不明者数(県民863人に一人)』の二分の一弱」としています。

さらに、最大被害時に、
負傷者数(区市町村民90人に一人)』は大震災のときの『神戸市の負傷者数(市民104人に一人)』を上回るものの、
死者・負傷者数(区市町村民84人に一人)』は大震災のときの『神戸市の死者・負傷者数(市民79人に一人)』を下回る、
全壊・焼失建物数(区市町村民43人に一棟)』が大震災のときの『兵庫県の全壊・焼失住宅数(県民53人に一棟)』を上回る、
としています。

なお、最大被害時に上のようなことですから最小被害時の被害・避難状況は各々より軽度なものになっています。

また、最大被害時の想定値が非常に厳しい区市町であっても、地震の起き方によっては相対的に軽い被災になる可能性があります。

必要以上に大震災の発生を恐れることなく、被災後のつらい思いをできるだけ軽くするための個人レベルでの防災・減災への備えを可能な範囲でなされておくことも必要です。