身をもって知った自主防災の大切さ

東京53区市町村防災サイトの私的評価基準について

もくじ

「防災対策の基本」ページに評価レベルを掲載へ

東京都内53区市町村別の首都直下地震などの被害想定ページ群の最後のページにあたる「X X での防災対策の基本」に、千代田区から順に各区・市役所サイト、各町・村役場サイト内の防災ページ群についての私的評価を入れ始めました。

関連するすべてのページを閲覧してみないと評価づけられませんので、「毎日1自治体づつ書き加えられれば良いな」と思っておりますが、
自治体によって「防災についての熱心度」も違えば「自治体サイトそのもののつくり方」も違うところから、「構成要素を定め、一つの要素の中で何ポイントだから、総合するとレベルいくつ」という評価ができません。

現在の評価は印象に基づく暫定的なもの」へ

現在の評価は印象に基づく暫定的なもの

そこで、まず千代田区から文京区までを閲覧後の印象に基づいて[レベル1]から[レベル5]に分けてみましたが、
今後、より良いサイトが存在すれば[レベル6]以上の評価づけを行うこととなります。

また、桧原村役場サイトには1資料が載せられているだけですので、現在の評価では[レベル=マイナス3]相当かと思われますが、
[レベル X ]については53区市町村防災サイトの閲覧が完了したところで再調整をいたします。

どうか暫定的なものとお受け止めをお願いいたします。

改めて考えさせられた『自主防災対策の大切さ』」へ

改めて考えさせられた「自主防災対策の大切さ」

なお、ここまでの作業を行ってきて、
「自治体職員の方々は、『目の前にある問題』や『姿かたちの見える住民が抱える問題』には真剣に取り組んでくれているけれども、『(担当ポスト在任中に)起きると決まっていないこと』への事前準備や啓発活動には熱心になれないのだろうな」
と強く思わされました。

いま姿かたちの見える住民に向き合ってくれている自治体も、巨大災害発生時には区市町村民を何万、何十万という点(=数字)としてさばいていくことになってしまうのでしょう。
「ご自身・ご家族レベルでの防災対策の大切さ」を改めて考えさせられました。

(投稿日:2016/02/02  更新日:2017/05/21)

本ページにはグーグル社のSNS「グーグルプラスページ」への投稿記事を(小見出しを加えた上で)再掲載しております。
他の投稿記事のテーマと記事の冒頭数行については、下にあるグーグルプラスバッヂ内の「被災体験記ノート」という文字部分をクリックしてご閲覧ください。
なお、これまでの投稿記事のテーマ傾向にご関心がおありの場合には、右下の「Google+これまでの投稿記事一覧」をご参照ください。

 

おすすめ記事 & Google+Pages