身をもって知った自主防災の大切さ

防災資料と防災書籍の教え

もくじ

自主防災対策の教えページ群の構成

「大震災を経験した後にまとめた『防災関連資料・書籍に書かれている自主防災対策の教え』」を記した本ページ群は、
このページ内をスクロールした先に置かれた「地震への備え・被災時の対応策・被災後の生活」と、その下に置かれたナビゲーションボタンなどから各々のページにジャンプできる「地震への備え(全8ページ)」「被災時の対応策」「被災後の生活」との、
11ページ構成になっています。

地震への備え・被災時の対応策・被災後の生活」へ

地震への備え・被災時の対応策・被災後の生活

(「3.11」での被災からおよそ2年が経過した2013年春のことですので)まさに後知恵になるわけですが、東日本大震災以降に更新・出版されたネット上の防災関連資料と防災関連書籍に目を通し、そこに書かれている教えの把握に努めてみました。

教えの内容は(資料・書籍を執筆された方々は必ずしも被災後の生活を長期間体験されていないのですけれども)「そうですよね」と思わされることばかりで、大きく分けると、「地震への備え」、「被災時の対応策」、「被災後の生活」に整理することができるものでした。

地震への備え」「被災時の対応策」「被災後の生活」について、私の被災体験を踏まえつつ、各々のページに記述します。